• アクセス
  • 料金表

妊娠中・妊娠後腰痛について

妊娠中、妊娠後に自分の体型が気になりダイエットしたい方も多いのではないでしょうか?

骨盤の歪みを正しい位置に戻すことでダイエットにもつながり悩みを解決するこができます。
ここでは、妊娠中・妊娠後の腰痛、骨盤の歪みについてご紹介します。骨盤の歪みの原因を知ることで骨盤矯正が大事な理由をお分かりいただけると思います。

骨盤歪む原因

妊娠中にリラキシンというホルモンが分泌されて本来しっかり固定してるはずの靭帯や周囲の骨が緩んだ状態になっています。

骨盤が緩んでいる状態で毎日、家事やお仕事などで姿勢が状態で生活しているとさらに骨盤が歪んでしまいます。その結果、機能低下した筋肉にさらに疲労がたまりやすくなって骨盤の歪みの原因になってしまいます。

日常生活による歪み

妊娠中・妊娠後に筋力が落ちているのに、「骨盤の歪み」があると筋肉自体の伸び縮みができなくなり身体の機能低下を起こし、筋疲労しやすくなります。

日常生活で座ったり立ったりをするだけでも疲労で骨盤が歪むことがあります。座る時に重要なのが坐骨で、坐骨は座面に接している骨なので、坐骨が座面に直角になるように意識して座ると、身体に負担のかからない良い姿勢となります。

坐骨をうまく使って座る方法が身体に負担をかけない良い姿勢につながります。

骨盤の悪い状態

妊娠中・妊娠後に骨盤が開いたままの状態で生活をしてしまう人も多いのですが、そのままの状態にしておくと筋肉が妊娠前と違い正常ではなくなってしまい下半身の脂肪を蓄えてしまい結果としてスタイルの変化が起こります。

また、骨盤を開いた状態を放置することによぅて普段の育児や生活でどんどん骨盤歪んでしまい腰痛や下半身のむくみ、体調の悪化に繋がっていきます。

妊娠中・妊娠後の体型

女性は 赤ちゃんを守るため横幅が広く丸い構造の骨盤になっています。骨盤は子宮を包むベッドのような役割を果たし赤ちゃんを守ります。

骨盤は妊娠中の胎児を守り、出産しやすいように子宮を支える大事な役割を担っています。妊娠中・妊娠後に体型が気になる方は当店へお越しください。

妊娠中・妊娠後腰痛は当院へお任せください

新居浜市で妊娠中・妊娠後腰痛でお悩みなら、当院をご利用ください。新居浜市にある当院では、生活習慣や症状などを詳しく聞かせて頂きお客様に合った施術を行います。

骨盤矯正は、ダイエットだけでなく健康維持にもつながります。また、妊娠・出産でダメージを受けた骨盤を正しい状態に戻しておくことで、次の妊娠に備えることができます。美容矯正や小顔矯正、むくみに関心がある方も、ぜひ当院をご利用ください。