• アクセス
  • 料金表

胸郭出口症候群について

胸郭出口とは斜角筋、鎖骨、第一肋骨によって囲まれた部分を指します。その細い通路を腕神経叢や、動脈静脈が走行していますが、その通路で神経や動静脈が絞扼(こうやく)されることにより、様々な症状が出ます。

どの部位で絞扼されるかにより、斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群と分類されます。絞扼部位により、腕のしびれやだるさ、握力低下、指先の冷え、肩甲骨の痛み、首の痛みなど症状は様々です。

 

なで肩の方にも多く見られます

なで肩の人や重い荷物を持つ人に起こりやすいと言われていますが、日常生活動作や姿勢の悪さが要因となることもあります。

狭い通り道で神経や血管が絞扼されているということは、その通り道にある筋肉の緊張が原因となっていることがあるため、筋肉の緊張を取り、血管の圧迫による血流の低下を改善させます。

 

胸郭出口症候群でお悩みの方は高専まえ整体院へ

胸郭出口症候群の治療は日常生活においても、正しい姿勢を保つ、睡眠不足やストレスをためないよう注意したり、肩周辺の筋肉トレーニングやストレッチも有効です。

高専まえ整体院では、セルフストレッチの指導も行っていますので、気軽にご相談ください。いつでもお待ちしております。