• アクセス
  • 料金表

腱鞘炎について

腱鞘炎とは、腱(けん)と腱鞘(けんしょう)が擦れた場合に起こる症状のことを言います。筋肉は腱となって骨に付着していて、腱は腱鞘というトンネルの中を滑走しています。

通常の動作では腱と腱鞘の摩擦は起こりませんが、過度の負荷や使い過ぎにより摩擦が生じ、炎症を起こします。また女性ホルモンが影響することもあり、出産後や更年期の女性に起こることも多くあります。

腱鞘のある部位でも、特に使用頻度の高い親指のつけ根や手の指に多く発生します。

腱鞘炎の回復について

炎症ですので安静にしていれば炎症は治まりますが、手を使用しないということは不可能で、また腱は筋肉に比べると血流が少ないため治りにくく、症状が長引くケースもよくあります。

当院の治療法

高専まえ接骨院では、サポーターなどの固定具で安静をはかったり、患部周辺の筋肉をゆるめる手技を行います。手の動きは手だけにおさまらず、肘や肩の動きとも関連しているため、肩から手までの筋肉を緩める手技も行い、電気治療やストレッチで症状の安定をはかります。

腱鞘炎でお悩みの方は当院へ

腱鞘炎は長引かせてしまうと、慢性的な痛みを感じてしまうこともあります。また、症状が長引いてしまうと日常生活にも多くの不便を感じてしまいます。

指の関節に痛みや違和感を感じている方は、すぐに当院へご相談ください。