• アクセス
  • 料金表

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある空洞(脊柱管)が、加齢や骨の病気により骨や椎間板が変形することによって狭くなり、その中を通る神経(脊髄)が圧迫されて起こる病気です。

この病気は腰痛よりも、太ももや膝から下にかけての痛みやしびれが主な症状になります。

代表的な症状とは?

代表的な症状は、間歇性跛行(かんけつせいはこう)といって、少し歩くと足の痛みで歩けなくなり、休むとまた歩ける、というものです。

座っているときや寝ているときは痛みませんが、立ったり歩いたりしているときに痛みます。歩行障害が進行したり、日常生活に支障が出るようになれば手術をすることがあります。

 

当院の治療法について

当院では脊柱管狭窄症の患者様に対して、AKA(エーケーエー)療法を行います。AKAとは関節運動学に基づいて、関節面の運動の改善と、その運動を妨げる関節軟部組織(筋肉や靭帯)の拘縮を改善させます。施術は強く押したり、骨をバキバキするものではありません。「少し押している感じ」「ただ触っている感じ」という患者様もいらっしゃいます。症状により、施術効果のでかたや通院回数は異なりますが、筋肉と骨格を調整することで痛みやしびれは改善していきます。