なかなかよくならない痛みを根本から改善します

接骨院での自賠責保険適用の流れ

交通事故によって怪我を負った場合「自賠責保険」が適用され、その怪我の治療やリハビリは自己負担なしで受けることができます。ここでは、接骨院でも適用される自賠責保険の適用とその流れをご紹介します。

自賠責保険とは?

自賠責保険は、交通事故被害者の救済のために法律で認められた強制保険です。
交通事故で怪我を負った場合、被害者は加害者に対して損害賠償を請求することができます。ただ、その金額は高額になることがあり、加害者は多くの賠償を背負うことになります。

被害者が確実に補償を受けられるようにするために自賠責保険があります。自賠責保険は法律によって加入することが義務付けられていますので、車やバイクを運転する人は必ず加入しなければなりません。

自賠責保険の適用とその流れ

万が一交通事故に遭った場合、この保険を利用して怪我の治療を自己負担なしで受けることができます。リハビリのための病院での治療費や交通費も全て自賠責保険から支払われます。接骨院で施術を受ける場合も同様です。加害者であっても、過失割合が100%でなければ自賠責保険が適用されます。

保険適用の流れ

自賠責保険を利用して治療や施術、リハビリを受けるためには、警察で発行される「事故証明書」と、病院で発行される「診断書」が必要です。そのため、事故に遭った時は事故の大小にかかわらず、まずは警察へ連絡します。その場で被害者、加害者双方の名前、住所、連絡先、免許証、自賠責保険の加入先(保険会社)を確認し、次に保険会社へ事故の経緯を連絡します。

怪我の程度に関係なく、病院へは早めに行き、検査を受けて診断書を発行してもらいます。その後診断書を警察に届け、人身事故と認められることで自賠責保険の適用が可能になります。そして、接骨院で交通事故治療を受けることを保険会社へ連絡すれば、負担額ゼロで通院することができます。

新居浜市にある当院では、交通事故によるむちうち治療を専門に行う接骨院です。
むちうち(頸椎捻挫)は症状が現れるのが遅く、後遺症になってしまうこともあります。
そのため、万が一に事故に遭われた場合は早めに接骨院にお越しください。
早めに適切な治療を行うことで早期回復につながります。

また、当院では、面倒な保険会社とのやりとりや示談交渉にも対応しており、必要に応じて連携弁護士を紹介いたします。新居浜市にお住まいの方をはじめ、周辺地域にお住まいの方もお気軽にご相談ください。

新居浜市|おすすめ施術|高専まえ接骨院の温熱ドーム

新居浜市|おすすめ施術|楽トレ